スポンサード リンクスポンサード リンク

板金展開図フリーソフトおすすめ度比較レビュー(「板金展開プログラム 」など3種)

■ 板金展開プログラム ■(http://hp.vector.co.jp/authors/VA005684/manual.htm)


この板金展開図ソフトの特徴:
「板金展開プログラム」は、必要項目を入力することで板金展開図作成のためのデータが得られ、DXF形式で展開図を出力できるソフトです。
展開図の面積計算もOK。56種類の展開が可能で、展開図を画面上で確認しながら操作できます。完成した展開図には出力の際に切断補助線も入れられるので、たいへん便利。加えて、展開図だけではなく、計算式も出力可能。ちなみに、展開図はCADソフトでも利用できます。最新版はシェアソフトですが、古いバージョンあれば無料で利用可能。
(おすすめ度:★★★★☆)


■ 保湿板金向け展開図作成ソフト ■(http://www.hoonya.com/tenkai.htm)


この板金展開図ソフトの特徴:
「保湿板金向け展開図作成ソフト」は、株式会社上越エアクルーが開発した板金展開図作成ソフトです。
40種類の保湿板金展開図メニューが用意されており、初心者でも保湿筒や保湿帯でエルボ、T管、Y管、レジューサなどの加工に役立てることができます。製品版ですが、期間無制限の体験版が無料でダウンロードできます。
(おすすめ度:★★★★☆)


■ The展開 ■(http://www.aso.ne.jp/tenkaizu/)


この板金展開図ソフトの特徴:
「The展開」は、展開図がわかりにくくて苦手という方向けに開発された板金展開図作成ソフトです。
入力する数値に合わせてリアルタイムで展開図が変化していくので、視覚的に確認しながら展開図を作成できるでしょう。完成した展開図は、Dxfで出力され、CADに取り込むこともできます。525円のシェアソフトですが、10回まで無料で使うことができます。Windows7 対応。
(おすすめ度:★★★☆☆)

空気線図フリーソフトおすすめ度比較レビュー(「PsyJ」など3種)

■ PsyJ ■(http://sakura-tyo.com/haysan/psy/PsyProgram.html)


この空気線図フリーソフトの特徴:

「PsyJ」は、空気線図の作成に欠かせない機能をボタン操作で簡単に操ることができる空気線図作成フリーソフトです。
冷房のシュミレーション、加熱、加湿、混合、SHF勾配線上のポイント、コイルの容量、空調機の選定シュミレーションなどを実施可能。大気圧やグラフスケールも設定されており、オプションで変更することもできます。
ちなみに、「PsyJ」は、毎月1,500件以上ダウンロードされている超人気ソフトです。
(おすすめ度:★★★★★


■ 空気線図計算表 ■(http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se211699.html)


この空気線図フリーソフトの特徴:
「空気線図計算表」は、空気の温度や湿度を入力することで、空気の状態を空気線図のグラフ上で確認することができる空気線図フリーソフトです。
「空気線図計算表」を活用すれば、乾球温度、湿球温度、絶対温度、相対温度、露点温度、飽和度、水蒸気圧、比容積水蒸気圧、比エンタルビー、不快指数、混合空気の状態などが簡単に求められます。Windows Vistaまで対応。
(おすすめ度:★★★★☆)


■ エクセル空気線図 ■(http://www.bohra.jp/pshx.html)


この空気線図ソフトの特徴:
「エクセル空気線図」は、湿り空気h-xの空気線図を作成するためのソフトです。
エクセルワークシートまたはワークブック形式で作成でき、完成した空気線図をそのまま別のドキュメントに合体させることができます。
30日間の無料体験版ですが、エクセルで使用できる標準添付の「エクセル湿り空気」で公開されている湿り空気状態関数30のうちいくつかは、フリーソフトとして扱われ、試用期間が過ぎても利用できます。
(おすすめ度:★★★☆☆
スポンサード リンク